アパート経営ローン

  • アパート経営のスタート時点から、土地や建物などの多額な資金を全額揃えることは難しいことです。全額の資金は準備できないがアパート経営がしたい場合に銀行などの金融機関から資金を借り入れるシステムが、住宅ローン・アパートローンです。このローンを利用することで、アパート経営をスムーズに始めることができます。
    自己資金が準備できるとローンが組みやすくなりますが、100%銀行側に背負ってもらうフルローンもあります。しかしフルローンは銀行がリスクを背負う形になりますので、フルローンを希望する場合は、よほどの高収入か、共同担保に入れることができる物件でないと難しいのが現実です。物件の収益性が良くても、属性が低ければ銀行からの融資は出ません。よって住宅ローンは頭金を用意して借りる方法がより確実で一般的です。
    シノケンでは、銀行からの融資に比べて本人審査が厳しくないノンリコースローンや自己資金が少ない方へのバックアップローンなどのサポートシステムもあります。

借り入れについて

  • アパート経営のアパートローン金利は現在3%台が平均です。もちろん通常が変動金利ですのでこの先の増減は予測されます。しかし、低金利のお蔭でローン返済の負担が軽減されていることは言うまでもありません。
    アパート経営で借り入れる場合、ローンを「いくら借りられるか」よりも「いくらなら返済していけるか」を念頭に置いて借入額を考ましょう。
    アパート経営の家賃以外に収入があり家賃全額を返済に回すなど考え方は様々ですが、ローン返済額を年収の約35%以内に押さえるなどゆとりをもって返済することが重要です。また、アパート経営では返済期間が長いと月々の支払いは少額になりますが、利息負担は増加します。払える範囲で、できるだけ短い期間で借り入れることが大切です。現金化比較もしっかり行うことができれば短い時間での借入が実現出来ます。

ローンの選び方

  • アパートやマンションなどの不動産経営で利用できるローンには「民間ローン」と「不動産賃貸公的ローン」の2種類が一般的です。
    「民間ローン」には都市銀行・地方銀行・信託銀行・生保会社・JAがあります。金融機関によってアパート経営のローン商品が豊富ですし、金利や融資条件・返済条件・サービスなど様々で自由に選択できます。
    「公的ローン」には住宅金融公庫、年金資金運用基金、雇用・能力開発機構があります。建設基準など融資条件は厳しいですが、低固定金利で返済計画が立て易く事業リスクが低いのが特徴です。
    低金利の商品を選ぶことは大切ですが、どこの借り入れをする場合も、金融商品ごとに融資条件がありますので、まずは商品を十分理解し融資条件に自分が適しているかを判断することが大切です。また、アパート経営では返済期間が長くなりますので無理の無い計画で金融商品を選びましょう。
住宅ローンの種類
公的
ローン
財形住宅融資 財形貯蓄を1年以上継続し、貯蓄残高50万円以上ある方を対象とした融資。(財形貯蓄残高の10倍の額で最高 4,000万円までの融資)
自治体融資 自治体により異なる。
物件や借入限度額には、一定の制限があるが金利面は、比較的有利なものがある。
民間
ローン
銀行等のローン 銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫等のローンで、借入条件はそれぞれの金融機関できめられており、商品性も多様化している。
JAのローン JAの組合員向けのローン。農家以外でも組合費を納めて会員になれば利用できる場合がある。
生保のローン 生命保険の加入者を対象としたローン。長期固定金利型のローンも提供している。

recommend

ノベリード

最終更新日:2018/8/1