アパート・マンション経営とは、マンションを購入し、入居者からの家賃収入を得る資産運用方法です。節税効果もあります。住宅ローンを利用すれば、小額の資金で簡単に始めることができ、生命保険代わりの効果もあります。現物資産なので、なくならず、安定した収入を生み続けるので手堅い運用方法です。現物資産なので、株価のように景気の波に左右されない強みもあります。

おすすめ


物件価格が昔に比べて安くなった
不動産の価格が以前に比べて安くなり一般のサラリーマンでも手が届く価格になってきました。
バブルの頃のように売れば儲かるわけではありませんが、不動産の下がり幅の低い都心部分で資産形成することにより上手な資産運用をする事が出来ます。

将来の年金に不安を感じる
将来の年金はどの様になるのでしょうか?非常に不安を抱えている人は多くなってます。
その為、家賃収入を将来の個人年金として老後の安心の為に不動産投資で資産形成し資産運用する事で安心を得ようとしているのです。
家賃収入で資産形成をする事が出来て、将来家賃収入を個人年金とする事が可能なのです。
他の投資に比べてリスクが低い
家賃保証システムや団体信用生命保険などリスクを回避するものが様々あり、さらに税金対策にもなるのです。
そして1番安心できるのが不動産は資産価値がゼロにならない事です。
低金利時代
住宅ローンの金利も低くなり創支払額の元本比率が高くなり無駄に多くの金利を支払わずに資産形成することが可能になりました。
借り入れるローン金利が低くなっているので当然預金金利も低くなっております。
預金金利に比べて不動産投資の利回りが高いので今不動産投資をはじめるのにいい時です。

アパート・マンション経営が有利

総合的な利回りがいい
この場合投資の利回りを考えてみます。現在銀行に預金しますと、普通預金金利0.001%、貯蓄預金0.01%です。1年間普通預金1000万円預けて100円、貯蓄預金1000万円預けて1000円の金利配当です(15−7−27日経新聞 MONEY&LIFEより)。しかしアパート経営の投資利回りは少なくとも約6〜7%、1000万円に対して年間60〜70万円あります。その収益倍率は大変な差があります。老後の「私的年金づくり」の有力な具体的手段です。

ちなみに、いくらのお金を投資して、毎年何%の収益が得られるのかという数値です。
年間の収入(年間家賃総額)÷取得価格(購入金額)
から得られます。

一般に「利回り」と言われるのは上記の計算式で得られる【表面利回り】で現されますが、実際に投資をされた方が本当に気にしなければならないのは、この【表面利回り】から経費を引いた【実質利回り】で運用計画をたてなければなりません。
預金金利に比べて利率が高いので低金利の今不動産投資をお勧めするのです。
換金性が高い
換金性とは、すぐに現金化できることです。アパートは利回りは高くても販売金額が大きくなることもあり、買い手を捜すことはなかなか容易ではありません。そういった意味で、アパートは換金性については残念ながらすぐに現金化になることはできません
管理が楽
アパートは、販売業者の長期保証一括管理借り上げシステムが組み込まれていることが多く、管理手間がかかりにくいといえます。一括借り上げシステムとは、入居付け管理と長期建物管理のシステムです。アパートオーナーにとって、楽な資産管理をおこなうことが出来ます。
安全確実
現金は盗難にあうことがあります。不動産は所有が登記されているので、詐欺にあう可能性があるかもしれませんが、盗難にあうことがまずありません。しかしながら不動産権利書は大切な場所に保管しておく必要があります。
インフレに強い
人間の歴史はインフレの歴史です。今後10年、20年の生活をしていくのにインフレに対してより強い体質が求められます。財が財を生み出す、収益が収益を生み出す収益不動産アパートは力強いインフレ対策になります。
相続に有利
現金は100%相続の評価を受けます。更地にアパートを建てた場合、「貸家建付地評価減制度」を活用してより相続税の評価額をおとすことが出来ます。さらに、建てたアパート(建物)の相続評価についても減額されます。こういった内容は、金融資産では起こりえない特徴です。
節税効果が高い
アパート収入に伴う経費は事業経営のための必要経費になります。減価償却、借金の金利、固定資産税などの三大経費の活用で、サラリーマンでむつかしい高度な資産対策をとることが出来ます。
借金が生命保険になる
団体信用生命保険(団信)の活用で、借金して購入したアパートは死亡時借金相殺になります。残された家族は、借金はなくなり、家賃が入ってくるばかりです。ある意味で、残された家族へ、安定した収入を約束することにもなります。

check


カラコン 激安


胡蝶蘭をお探しなら



2019/5/17 更新